好きなもの。

みんな大好き香瓜子。
食べだすと止まらないひまわりの種。
春節、映画、旅行のお供。昔から人気のスタンダートなお味の洽洽香瓜子が好きです。

種は最初はなかなか上手に食べられないのですがこれは訓練あるのみ。
親指と人差し指で種を縦にして持ち、前歯でカリッとかじって
指をひねると中の実が出てきます!
昔、上海から広州まで汽車で20時間かけて旅したとき
向かいの席の中国人にひまわりの種の食べ方を教えてもらいました。
20時間後広州に着くころには片手で食べられるほどにめちゃくちゃうまくなってました。
もちろん汽車の床はひまわりの種の殻が山盛りでした(笑)。

中華料理シリーズ。

まるいコロコロのさといもがかわいい葱油芋艿(ツォンヨウユィーナイ)。
味付けはすごくシンプルなネギ塩あじ。
ねっとりとした里芋がネギ油のたれとまじって
ぬるぬるでとろんとろんでおいしい!
あとひくおいしさで箸がとまりません!!!

好きなもの。

みんな大好き羊肉串。
新疆ビールと羊肉串はサイコーの組み合わせ☆
最近は金串や竹串ではなく
紅柳の枝に羊肉を刺したものも人気。
肉が大きくて木の香りが移っておいしいんです。
でもやっぱり道端で食べる買い食いの羊肉串が
一番好きですね。

好きなもの。

中国のケーキ紅宝石の奶油小方。
四角い形の生クリームショートケーキ☆
見つけるとつい買ってしまいます。
スポンジが手作りっぽい懐かしい素朴なお味。
赤いチェリーのシロップ漬けと
クリームに混ざってる細かく刻まれたパイナップルがまたレトロ。
クリームが牛乳みたいな味で軽くてあっという間にペロリです。
むかしからずーっと変わらない人気のケーキ。
ショーケースにずらーっと並んだ大量のショートケーキたちが
夕方には売り切れちゃうんです。

ここの栗ケーキもすごくおいしいのでまたの機会にご紹介します!!

好きなもの。

中国のお菓子「康師傅 の3+2(サンジャーアー)」。
ソーダクラッカー3枚にクリームが2層サンドしてあるシンプルなお菓子。
味はいろいろあるけど好きなのは基本の黄色のクリーム味。
あと意外とうまいのが緑のレモン味。
普通のクラッカーサンドなんだけど
気付くとどんどん食べちゃう。腹持ちよし。
3枚分解しながら食べるのが好きです。

中華料理シリーズ。

寒くなってくると待ちにまった上海蟹の季節。
酔っぱらい蟹は紹興酒に白酒、ネギ、生姜、花椒、陳皮などを入れた容器に
生きたままの蟹を漬け込む。
蟹に酒がしみこみ熟成すると蟹肉とミソと酒が一体化し
うまみが凝縮した濃厚なドロッとした魅惑のかたまりになる。
しょうがをいれた紹興酒の熱燗とともにちびちびいただく。
黒いドロッとしたところ、サイコー。

ただし蟹、紹興酒ともにプリン体の王様なので痛風の人はご注意を。

中華料理シリーズ。

甘いといわれている上海料理。
その代表的前菜、ナツメの中に白玉をつめて甘く煮詰めた心太軟。
甘い前菜なんて〜と思いつつ、しかし気付くとおいしくてついついつまんでいる。

心太軟は「芯は柔らかい」という意味。
この料理のナツメの芯はかたい種ではなくやわらかいおもち。
リッチーレンの名曲[心太軟]は心が弱く情が深すぎるという意味。
情が深くて尽くす女は心は弱いがいい女でもある。
ナツメは女性の美容や身体に優しくまた女性に人気の前菜なだけに
なんとも秀逸なネーミング。

中華料理シリーズ。

上海料理の代表選手。
紅焼肉ホンシャオロウ。
てりてりの甘い醤油ダレをまとった
脂身トロトロの豚肉のかたまりをひとつ。
白飯のうえにのっけて
ごはんとともに、もりもりといただきます。
お肉ひとつでごはん茶碗一杯食べられます。
しみてる煮卵とやわやわになったニンニクも最高!
1